セブのモールで髪を切るなら【男性向け】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブの人はファッションに敏感な人が多く、男女ともに結構イケテル人多いです。街を歩いていると若者が多いというのとアメリカンカルチャーの影響を強く受けている国だなという印象を強く受けます。

男性の髪型は、2014年時点では、サイドやバックなどバリカンで刈るタイプの最先端の髪型の人も多いです。世界的に流行っているんでしょう。

女性の髪型はストレートというか肩より下まで伸ばしたような髪の女性が多いと思います。カラーなどで違いを出していますが、ナチュラルなのが好まれている気がします。悪く言えばバリエーション少ない気がします。

美容分野の素人の分析ですが、多分パーマの文化と技術が無いのかなと思います。突然スコールみたいなこともあるので、そんなときはしっかりセットしてもムダになります。だから文化的に根付きにくいのかもしれません。

といったどうでもいい考察は終わりにして、実際問題、日本人がフィリピンで髪を切るのは捨て身の覚悟が必要だと思います。

オーダーの仕方やどういう店を選べばいいかがそもそもわからないので。

今回は、日本人のオーナーの店ではなく、フィリピン人の行く店の中から、僕が選んだ店を紹介させていただきます。

bench FIX

bench FIX(ベンチフィックス)という店です。アヤラモールにもSMモールにもあります。

ベンチはフィリピンのファーストファッションの店です。そこがヘアサロンも併設しているイメージです。

料金は普通のカットが250ペソで、店長を指名すると350ペソでした。

僕は店長のほうが腕がいいと思って指名した所、トリートメントも勧められてしまいました。

店の代表という立場上、他のスタッフよりも必死に営業してきます。

あの手この手でメニューをいろいろ追加しようとしてきますので、ここでYESマンになると危険です。

評価

一応カット自体は、値段の割に良かったです。「この部分はバリカンで3mmにカットしてほしい」みたいなオーダーにも対応してもらえました。

でもバリカンじゃない部分、鋤く所だったり、仕上げの微調整の部分は日本と比べて繊細さに欠けています。

あとシャワーは水です。流すときも少し雑です。

ただし、350ペソを考えると文句を言うのは、違うかなと思います。

このクオリティで満足できないなら、やはり日本人の店で1000ペソ以上払って切るしかないと思います。

フィリピン人が行くような店のなかにはカット60ペソの店とかも普通にあったりするので、フィリピン人の感覚的には髪を切るのに100ペソ以上支払うのは「Too Expensive!!」らしいです。

あと、フィリピン人の先生に聞いたら女性客もいますが、bench FIXはどちらかというと男性向けの店とのことです。

SPORTS BARBERS

IMG_20140904_203348

SMモールにあるスポーツにフォーカスしたバーバーです。

ショートカットなど一部をシェイブするヘアスタイルなどが得意な店です。

アメリカンスタイルの内装もクールです。イケてます。

カット200ペソ+シャンプー100ペソ+マッサージサービスがあります。

評価

個人的には非常に良い店だと思います。ショートカットスタイルの男性にはオススメしたい店です。男らしいヘアスタイルになれること間違いなし。

逆に言えば、中性的なカットというか無造作ヘアみたいな日本的っぽいスタイルとは違う店です。(一応パーマとかはメニューにあります。)

アヤラモールにはない店です。

個人的に感じるのは、アヤラモールは外国人向けのモール、SMモールは現地人向けのモールということ。アヤラモールの店は外国人に対して、トリートメントはどうとか、あわよくば多くお金を使わせようとしてきます。

SMモールにしかないこの店は、アヤラモールと違って、外国人だからといってお金を使わせようという営業をするようなことがおこりにくい場所だと思います。

マッサージが良くて、リピートしたい店です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*